2004年12月12日

引越しの予定を決めていく。

そろそろ九州への引越しの予定を決めていかないと、というわけで嫁さんと喫茶店で話しこんでみる。
年内いっぱいは嫁さんのほうが仕事があるので、実際に移動するのは来年になってからということになる。とはいえ具体的な日付を決めていかないと、いつまでもずるずるべったりになりそうなので、もう少し予定を詰めていくことにした。来年のカレンダーを見ていくと1ヶ月くらいは準備がいるだろうということで、目標としては1月27日としてみた。1月27日なら12月12日からだとちょうど1ヶ月半となる。いろいろ引越しの手続きを考えるとこれくらいの日数がいいだろう。なんかターゲットの日を決めるだけでも現実の度合いが増えていくような気がする。
最近、手帳術づいているのでさっそく来年の手帳に予定として書き込むことにする。こういうところからメモに慣れていかないとだな。
posted by みっち at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月10日

Music PORTERと702NKを見に行く。

ドコモのMusic PORTERとボーダフォンの702NKが今日から発売開始なのでヨドバシ梅田に見に行く。
Music POTERは以前にアトランティスでモックをチェックしてきたが、ヨドバシには音楽が聴けるかたちで実機が展示されている。ヘッドホンがあるので、なかなか順番が回ってこない。ようやく操作できたので聞いてみたが、音質は携帯オーディオとしては十分だと思う。操作感は横長の画面も違和感がなく、むしろ縦長の画面に比べると見やすいかもしれない。価格が13440円と、以前出ていたSO502WMやC404Sなどのミュージックプレイヤー付き携帯電話と比べると初値としては安い。もっと高い価格でスタートすると思っていた。
702NKはモックのみの展示で実機は見当たらず。グレイ、ルージュの2色とも展示されていたが、初回発売はグレイのみとなっている。ボタンが他の電話と異なって立体となっているので、実機で確認はしてないがキータッチの感触はよさそう。ただ中央のキーは操作しやすいのだが、左右のソフトキーになってくると本体が重いせいなのか片手では操作しづらい気がする。後ろのカメラのレンズ周りがゴムでクッションされていて保護さてているのも、ちょうど持った時に人差し指があたる部分なので自分自身の指の汚れがつきそう。あと、総合パンフによればメール画面が70文字固定なのも痛いところか。お値段は15540円。NOKIA好きの人なら買いだが、そうでなければ冬のvodafone3Gの他機種を見てからでもいいかも。
posted by みっち at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月09日

コードレス電話機を買ってくる。

ずっと家の電話機が調子が悪かったので、コードレス電話機を買ってきた。
特に電話がなくても不自由してはいなかったのだが、さすがに移住時期が近くなってあちらこちらと連絡する必要がでてきたので購入することにした。さしあたってコードレスというだけを条件に探してみた。今はコードレスの子機だけの電話機というのが出てきていて、これなら親機の場所をとらずにすみそうなのでこの中から検討することにする。三洋のTEL-E3、パイオニアのTF-FS12、シャープのCJ-V10CL、松下のVE-SV10CLの4メーカー4機種がある。その中で三洋のTEL-E3が一番安かったのだが、電話帳登録ができないので候補からはずす。パイオニアのTF-FS12が留守電対応でないのでこちらも見送り。シャープと松下で悩んだが、シャープのCJ-V10CLが漢字表示ができていいのだが2000円ほど値段差がある。それくらいならカタカナでもいいかということで、消去法で松下のVE-SV10CLとなった。もともとデザインとかも一番気に入っていたので、結局はよかったのだが。ちなみにヨドバシ梅田で税込み10700円なり。
さっそく、電話帳登録してみたり、いろいろ設定をいじったりしたが、最近の携帯電話に比べると家庭用電話機の機能はまだまだ発展の余地があると思う。いっそのこと携帯電話が子機になったら便利なんだろうけどね。まあ、それをやろうとしたのがPHSなのだが。
posted by みっち at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月08日

手帳術ムック2冊を読み比べる。

前から目を通していたが、「手帳200%活用ブック」「図解一冊の手帳で夢は必ずかなう」の2冊の手帳術のムックを読み比べてみた。どちらもこの秋刊行の手帳術のムックで、それぞれ内容は似ているところもあるが、手帳を使って日々のスケジュールをいかに能率よくこなすかと、手帳を使って夢や目標をどう実現するかという手帳の2大目的に分化しているともいえる。
「手帳200%活用ブック」は前者のスケジュール管理に重きを置いている。冒頭の「ほぼ日手帳」の糸井重里氏と世界No.2セールスウーマンの和田裕美氏の対談においても、通常の手帳の9時から18時までの目盛ではスケジュール管理ができないから「目盛が24時間ある手帳をつくっちゃえ!」というのが「ほぼ日手帳」を作るきっかけであったという話が書かれている。またワタミフードサービスの渡邊美樹社長の完了したスケジュールは赤で消していった手帳なども圧巻である。その他にもいろいろな手帳術や手帳の選び方が書かれているが、「達人似なひとびと」と題した失敗談の小コラムなどが入っていて読んでいて面白い。
一方、「図解一冊の手帳で夢がかなう」の方は後者の夢を実現するための手帳のムックである。内容としては「一冊の手帳で夢は必ずかなう」の図解本ではあるが、図解されているだけあって「夢・人生ピラミッド」や「未来年表」などのツール類が書き込みができるよう大きく書かれていてわかりやすい。冒頭の熊谷正寿氏のインタビューはもちろんであるが他にも、手帳術の達人として4氏のインタビューが掲載されている。その中には総合格闘家の須藤元気氏のインタビューもあり、手帳術の幅広さを感じされられる。
自分自身の手帳の使い方の目的に応じてどちらか選んで読んでもよいけど、2冊読み比べてみるというのも面白い。1冊ではカバーできない手帳術のもう一面をそれぞれ補っていると思う。

手帳200%活用ブック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう
熊谷 正寿


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2004年12月07日

越後太田屋の鯖の味噌漬けを食べる。

新潟の親戚からお歳暮で魚の味噌漬けをもらった。
中身は越後太田屋の味噌漬けセット。鯖とギンダラとキングサーモンが入っている。さっそく今晩の夕ご飯に鯖の味噌漬けを焼いて食べてみた。鯖の脂がよくのっいてとてもおいしい。味噌の漬かり加減もほどよくて白いご飯によく合う。結局、鯖だけをおかずにご飯を食べてしまう。またギンダラとキングサーモンがあるので、こちらを食べるのも楽しみ。
商品情報を調べるためにネットを見てみると、ちょっと商品構成が違うけど同じ越後太田屋の味噌漬けセットが楽天にあった。こういった地方のお店までがネット通販している時代なのね。

越後みそ本漬セット
越後みそ本漬セット

なお、鯖の味噌漬けは今月は特別価格での提供とのこと。

さば味噌漬 4切パック
さば味噌漬 4切パック
posted by みっち at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月06日

ミリオネーゼの手帳術を読む。

今日は佐々木かをり著「ミリオネーゼの手帳術」を読む。
この本の手帳術で書かれている内容はスケジュール帳をどのように使うかということ。ダブルブッキングを避けるためにスケジュール帳は1冊で管理するのはもちろんであるが、その他にも打ち合わせの時間だけでなくそこに行くための移動時間もスケジュールしておく、仮の予定でもスケジュールしておくなどといった工夫をしている。どんな予定でも先約優先ということなので、1年の初めにすでにわかっている年中行事などは年頭のうちにあらかじめスケジュールを確保しておく。例えば10月の子供の運動会の日に大きな仕事が入ってきても、4月から決まっていた運動会の方が先約優先となる。そうやって予定を守ることで信頼を得ていくのだそうだ。
読んでみると当たり前のことのように思う話が多いのだが、その分スケジューリングのノウハウとしてはいつか基本書となるべき本なのではと思う。

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
佐々木 かをり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月05日

F901iCとMusic PORTERを見に行く。

3日のことになるが、prosolidの発売開始日だったので、久しぶりに梅田のヨドバシに行ってみた。
prosolidは7140円とまあまあの価格。こうやって見るとpremini-Sは強気の値段だな。あと1日発売のSH901iCは26040円。こちらもそんなところか。以前のpremini-Sの時にも書いたけど、どうも最近のヨドバシでは新製品発売開始という印象が薄いなあ。他の既存発売の商品に埋もれているような気がする。あと、auではW22SAが出ている。価格は18690円。こちらはホットモックも展示されていて一通りさわってきてみたが、今回の新機能である背面ボタンはキータッチが思ったように動かない気がする。メニューはなかなかわかりやすかったが思ったところでカーソルが止まらなかったりする。ただ開いた時の本体側のキーが大きくてこちらは使いやすいかも。特にクリア/マナーのキーが大きいのがいい。
そのあと、梅田のアトランティス。新しくF901iCのホットモックとMusic PORTERのモックが展示されている。F901iCは大きいなという印象。他の機種に比べても大きいわけでないけど第一印象としては大きく感じる。ボタンのメタリックの感じはなかなか好印象である。こちらもアンテナは伸びない仕様。Music PORTORはモックだったが、いろいろ気になるところをチェックできた。背面のデザインがでこぼこしているのかというのが、ずっと気になっていたがこちらは実際には平面となっている。塗装のせいか指紋がよくつく。あとホールド感とかはなかなかいい。実際には59mmとかなりの幅であるのだが、持ってみるとそれほど不自然に感じない。メールを打つ時に両手打ちする人なら逆に持ちやすいくらいかもしれない。片手で打つ分にも打ちやすく感じる。ただマイク位置が7キーの脇の隙間であるなら持ち方によってはマイクをふさいでしまいそうなので、ここらは注意が必要かも。
横長な液晶画面はメールなども読みやすいと思うので、来年にはもっと他の機種でも横長ケータイが出てくるのかも知れない。
posted by みっち at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月04日

梅田のホテルバイキングを食べに行く。

今度は長崎から義母が大阪に遊びに来ている。
義母の方も向こうは向こうで大阪の友人と出かけているのだが、今晩夕食はいかがということで、嫁さんと一緒に梅田のホテルバイキングの夕食をごちそうしてもらった。バイキング形式のため、各人の食べたいものの好みが違っていても大丈夫ということで、大阪に出てきている時にはいつもここのホテルバイキングを利用している。今日の大当たりは海老のカクテル。なんかこればっかり食べていてしまった。あとデザートが12月ということもあってクリスマス仕様になっていて、こちらもいつもは食べないケーキなども食べてみたり。
もちろん食べてばかりでなく、いろいろ九州移住の計画も話をしてみたが、やはり2月ころになりそうだな。離れを建てて仕事場にする計画があるのだが、母屋のほうもついでに手直ししたいところもあったりとなかなか大変。年明けからの移住時期はいろいろと忙しくなりそう。
posted by みっち at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月03日

日経トレンディ1月号を読む。

日経トレンディ1月号を買ってきた。
今月の第1特集は「新製品150完全テスト」。他の雑誌と違って日経トレンディはこういった特集でもIT機器から家電まで幅広くテストしているのがうれしい。完全テストというだけあって、洗濯乾燥機では実際に洗濯したりというようなただ製品スペックを比較するのでない徹底したテスト内容が読んでいて面白い。あまり興味のない分野の商品でも思わず読み込んでしまう面白さがある。
もう一つ、今月の特集でよかったのが、第2特集の通販で「買っていいもの悪いもの」。カニ、スイーツ、デジタル系商品、花、ジュエリーなどいろいろな通販商品の裏事情を紹介している。たとえばカニでは北海道の業者と築地の市場ではどちらが新鮮かとか訳ありガニは本当にお買い得なのかなどということが書いてある。通販というのは実際の商品が見えにくいだけに、上手に通販を利用するためには注意したりすることが多そうだ。
今回の第2特集は通販を利用する上で、いろいろと参考になることがあるので必読だと思う。
posted by みっち at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月02日

メモの技術−頭より先に手が動く!を読む。

今日は坂戸健司著「メモの技術―頭より先に手が動く!」を読む。
この本では「頭の中を整理するメモと、打ち合わせの時のメモ」や「企画を立てる時のメモ」などいろいろな状況を想定して、それぞれの場面ではどのようなメモを取ったらいいかという視点から書かれている。
ビジネスメモについても役立てるところは多いが、PART5で書かれている「アイデアを整理したり心を落ち着かせるメモ」の章がおもしろい。どんな時でも何気なくメモをとったり、さらに役に立てようと考えずに暇つぶしで何か書くというのがよいそうである。その他にも思いついたことや落書きなどをとにかく片っ端から書いていくのである。書いていく過程で思考をまとめていくことはもちろんであるが、それによってストレスを解消させたりプラス思考になったりという効果があるらしい。
仕事の成功よりも、こういった自分自身の心をすっきりさせるというメモ術というのもいいものである。

メモの技術―頭より先に手が動く!
坂戸 健司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月01日

図解 仕事ができる人のノート術を読む。

昨日に続いて手帳本を読んでいる。今日の本は樋口健夫著「図解仕事ができる人のノート術」
本書の著者はアイデアマラソン発想法の考案者とあるが、本編はそこにいたるまでの著者のノート遍歴であったり、また著者の家族のノートの利用法などが紹介されている。アイデアマラソンについても少しふれられており、いろいろなアイデアを一日にいくつも発想ノートに記入していくのだそうである。なんでもないアイデアも1000個あれば、そのうち3個(0.3%)は光るものがあるらしい。とにかくアイデアを出し続けるのが重要であって、アイデアを出し続けているうちに発想力がついていくのだそうだ。
アイデアマラソンというのは初耳であったが、理解を深めるためにも関連書籍として「マラソンシステム」も近いうちに読みたい。

図解仕事ができる人のノート術―ノートを使って深く考え、発想する122の方法!!
樋口 健夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2004年11月30日

「知的生産の技術」を読む。

先日、amazonで注文した本が届いた。今回注文した本は、知的生産の技術ミリオネーゼの手帳術メモの技術―頭より先に手が動く!仕事で差がつくメモ術・ノート術「図解仕事ができる人のノート術図解 一冊の手帳の夢は必ずかなう「超」時間管理法2005手帳200%活用ブックの計8冊。
さっそく読み始めているが、やっぱり手帳術ってのは面白い。「知的生産の技術」から読み始めているが、最初の方に「ダ・ヴィンチの手帳」というエピソードが出てくる。「神々の復活」という小説に登場するレオナルド・ダ・ヴィンチはポケットに手帳を入れて、何から何でも手帳に書き込むのだそうである。著者の梅棹忠夫氏はそのダ・ヴィンチの行動に偉大なる精神を見いだし、そこから手帳をつける習慣がついたということだそうだ。
35年前のこの本は今でも十分通用する情報術の古典であるが、情報術というのはもしかしたらルネッサンスまでさかのぼるのかも知れない。

知的生産の技術
梅棹 忠夫


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2004年11月29日

キーコーヒーの株主優待がやってきた。

昨日のことになるが、キーコーヒーの株主優待もやってきた。
内容はトアルコトラジャとプレミアムブレンドのドリップオン、農園限定珈琲エクセレントブレンド250gの3点。その他、株主様限定特選ギフトや頒布会の案内など。
ドリップオンはカップに乗せて上からお湯を注ぐだけで手軽にコーヒーが淹れられてとっても便利。ちょっとコーヒーが飲みたいなって時に重宝している。ブレンドは今回は農園限定珈琲でブラジル・タンザニア・グァテマラのブレンド。「すっきりした酸味とまろやかな味わい」とのことで、こちらのブレンドの味もどんな風になっているか楽しみ。
キーコーヒーは2001年からのホルダーであるが、毎年2回の優待が楽しみでずっとホールドしている。たぶん一生ホールドし続けることになると思う。
posted by みっち at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年11月27日

カゴメの株主優待がやってきた。

カゴメの株主優待がやってきた。
今回の優待商品はトマトケチャップ180g、カゴメデリ完熟トマトのミートソーススパゲティ、野菜生活softすっきりバナナ200ml、野菜一日これ一本280g、海鮮イタリアン鍋スープ、カゴメコマメ100ml紙パックの6点だった。
春の優待で入っていたカゴメケチャップ芳潤がなくて残念。あのケチャップはおいしかったのになあ。その代わりに今回は海鮮イタリアン鍋スープが入っている。この商品はスーパーでも見かけたことがなかったが、今年8月発売の新製品らしい。「トマトと魚介の旨みがきいた海鮮イタリアン鍋用スープ」で「残ったスープで仕上げはリゾットで2度おいしいくいただけます」とあるが、やっぱり鍋のしめはイタリアでもおじやなのかな。はたしてどんな味なんだろうか。
これから9月優待の会社が何社か送ってくるので楽しみ。
posted by みっち at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2004年11月26日

premin-SとP901iを見に行く。

今日からpremini-Sの発売なので、ヨドバシ梅田に見に行く。
売り場のポップや並べ方を見てみると大々的な発売開始の展示がされてなく、以前から販売されているような印象がする。新規価格は13440円。初代preminiが出た時よりちょっと安いかなという価格でこちらはまあ妥当なところか。premini-Sはモバイルアトランティスで発売前にチェック済みなのだが、白の塗装がとてもきれい。あとアトランティスでは盗難防止装置(premini-Sが小さいので本体の2/3くらいある)が後ろに貼ってあるため、端末本体のみのホールド感をを体験することができないのだが、ヨドバシではケーブルをつなぐタイプなので、しっかりホールドを試すことができる。やはり曲線的なフォルムのため、preminiよりしっくりくるような気がする。preminiは小さすぎてと思っていた人でも、もう一度さわってみて確かめてほしい。
そのあとモバイルアトランティスへ。SH901iCはまだモックだけだったが、P901iのホットモックが展示されていたので、しばらくいじってみる。こちらも白のみの展示で、P253i、premini-Sの白と似たような色合いだな。カスタムジャケットが外されていたけど、装着部ににカスタムジャケット分のへこみがあるので、デザインとしてはやっぱり装着しておいたほうがいいかも。P901iはFeliCa対応でないので、いっそのことEdyだけでもチップを組み込んだカスタムジャケットとかあると面白いかも知れない。端末本体と連動してFeliCaでいろいろしようとは思わないけど、Edyだけでも使えるとやっぱり便利だと思うのだが。
Edyが使えるカスタムジャケットって出てこないかなあ。
posted by みっち at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年11月25日

手帳術の本を読み始める。

最近、手帳術に興味があっていろいろ調べてみている。
で、やっぱり基礎から勉強しなおさなくちゃだなってことで、古今東西の手帳本を読んでいこうという計画を立ててみる。まず手始めに「手帳200%活用ブック」から岩波新書の「知的生産の技術」まで8冊ほどアマゾンで注文してみた。「知的生産の技術」は情報整理では古典中の古典で35年前の発刊ではあるが、内容は今でもぜんぜん古くない。だいぶ前に読んでいるのだがまた再読してみようと思う。
手帳の使い方も大きく分けて2種類あって、スケジュール管理やノート術などの情報整理学は好きなのだが、人生設計や目標達成系はどうも取り付きにくいのだ。とはいえ勉強だと思ってバランスよく読んでいく予定である。さしあたって、書店でも平積みになっている「図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう」から始めてみることにしている。

図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう
熊谷 正寿


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by みっち at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2004年11月24日

SH901iCとtalbyを見てきた。

梅田のモバイルアトランティスでSH901iCのモック展示が始まっていた。
残念ながらまだホットモックはなかったが、モックの第一印象としてはFの端末みたい。なんかF900iと雰囲気が似ているんだよなあ。大きさはSH506iCやSH900iより大きくなっているはずなんだが、デザインのせいか厚みとか重さは前よりすっきりとしている感じ。アンテナは伸びないタイプだったが、カメラを構える時にちょうど左手中指がかかって持ちやすいかも。あと白のモックの待ち受け表示の壁紙がポストペットだったくらいかな。単品パンフはまだ出ていない。
そのあとヨドバシ梅田へtalbyを見に行く。23日から発売開始となっていたが、すでに「新規のみ」となっている。お値段は15540円で、まあそんなところか。INFOBARもなかなか下がらなかったからしばらくはこの値段かな。残念なことにtalbyもホットモックは見当たらなかった。単品パンフも出ていなかったので、帰りにソフマップにも寄ってtalbyの単品パンフをもらってくる。それにしても真っ白なパンフだなあ。
で、帰ってネットをチェックしてみたら、SH901iCは発売延期とな。あらら。
posted by みっち at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年11月23日

JR西日本パスのパンフが出ている。

「いいね、すごい値JR西日本パス」のパンフレットが駅に出始めている。
来年の1月23日〜29日、2月20日〜26日、3月6日〜12日の連続する3日間有効でJR西日本全線乗り放題というもの。価格はグリーン車用で20000円、普通車指定席用で16000円となっている。今度は、鉄道の日の西日本一日乗り放題きっぷと違って、新幹線を含む特急列車の利用可なので、山陽新幹線に乗ることもできる。新大阪−博多の往復どころか、新大阪−広島を往復するだけで元が取れてしまう。
日程の設定が少し変わっているなと思ったら、飛行機の超割とかバーゲンフェアとかの時期にぶつけているんだね。なかなか考えたな、JR西日本。2泊3日の行程となってしまうが、この時期にJR西日本管内を移動する人で飛行機の切符が取れなかったり空港まで遠い場合とかには利用開始日の1週間前まで発売しているのでお勧めかも。
いいなあと思うのだが、1月から3月はちょうど九州への引越しの時期にあたるんだよなあ。博多へ往復するならともかく、片道に使うだけでは足がでちゃうしな。ちょっと残念。
posted by みっち at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年11月22日

スヌーピーの手帳がきた。

今日、郵便受けをのぞいてみるとUFJカードから冊子小包が届いていた。
何だろうなって開けてみるとスヌーピーの2005年の手帳だった。UFJカードのスヌーピープレミオVISAカードを利用しているのだが、その年末特典なのだそうな。去年まではなかったはずだがと思ったら、手帳の送付は2005年版からのサービスらしい。
スーツポケットサイズの薄手の手帳で、カバーもブルーの落ち着いたデザインでいい感じ。中は2004年12月から2006年1月までの14ヶ月の月間ブロックカレンダー形式(月曜始まり)になっている。メモ用ページは13ページだがピーナッツのイラスト入りなのでちょっと使いにくいかも。巻末付録は全国の地下鉄路線図とUFJカードインフォメーションセンターの連絡ダイヤルのみ。それとスケジュール欄に貼れるシールが1シートついてきている。このシートももちろんピーナッツのイラスト入り。手帳のフォーマットについては好みがいろいろあるだろうが、キャラクターものの手帳にしては大人向けのデザインにまとまっているのが好感が持てる。
うーん、まさか手帳が送られてくるようになるとは。来年の手帳はまた何にしようか悩むではないか。
posted by みっち at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日記

2004年11月21日

昨日に続いて株主優待ネタ

昨日に続いてダイヤモンドZAiで株主優待の研究。
736銘柄全リストを1銘柄ずつ丹念に見ていく。とはいっても、あまり高額なのは買えないので、まあせいぜい10万円くらいでおさまって優待商品が魅力的なのを選んでみる。
ピエトロ。優待品目は1000円相当のドレッシング。そういえばまだピエトロに食べに行ったことはなかったが、ここのドレッシングはおいしかったはず。店舗紹介を見ると島原店(所在地は南高来郡布津町)もあるみたいで、島原に行ってからもお店に行けるのでちょっと気になる。
ローマイヤ。ハムを優待する会社はいくつかあるが、いずれも優待をもらうための最低投資額が40万円以上となっている。だが、ここは19日終値で115円。単元株1000円なので115000円の投資で優待となるのがおいしいかも。
新日本建物。不動産業なのだが、なぜか優待品目はワイン。ここのワインは株主優待の掲示板では好評らしい。5回目からは赤白のセットになるのも魅力的。
とりあえず今日はこの3銘柄。優待内容だけで業績チェックはしていない。まあ次の優待確定日に向けて、株価などウオッチしていこうと思う。
posted by みっち at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。