2005年01月01日

おせちバイキングを食べる。

今年は家でおせち料理をするのでなく、ホテルのおせちバイキングを食べてみることにした。
おせち料理というのは基本的には縁起物だと思っているので、黒豆とかも小鉢いっぱいなくても何粒か食べたら十分。要は正月にそういうものを食べることが肝心なのである。というわけで、夫婦2人だけなのでお重におせちを何種類も作るよりも、いろいろな種類の料理を少しずつ食べられるバイキング形式がとても便利で効率的。年末にパンフレットで見て興味を持っていたので予約しておいたのだ。
ただ、おせちの方がそんなに種類がなく、田作り、栗きんとん、黒豆とかはあったのだが、好物の数の子がなかったのが残念。うーん、単価が高そうなのはないのかな。とはいえ他の料理も結構そろっているのでまあ満足。お寿司とかもマグロとイカを交互に並べて紅白になっているのがお正月っぽかったりする。カレーとかもあったので、「おせちもいいけどカレーもね」をやってみたり。こういう組み合わせができるのもバイキングのいいところ。
あと、その前にヨドバシでSIIの電子辞書のSR-T7100を買ってしまった。これが今年の初買い物。こちらのレビューはまたいずれ。
posted by みっち at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月31日

今年もおしまい。

今日は大晦日で今年もおしまい。
なんか結構あわただしかったような気がするなあ。今年の初めにはこうやってblogやっているとは思ってもいなかったし。とはいえ、今まで日記とかも3日坊主ならぬ1日坊主であったのに、よく3ヶ月以上持ったものだ。やっぱりblog形式というのは何かと書きやすいのかも。
まだまだアフィリエイトの方は楽天でちょこちょこ出ているだけで、今一つ成果が出ているわけではないけど、来年は収益をだすくらいまでがんばってみたいな。
それでは来年もよろしくお願いします。
posted by みっち at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月30日

今年の大掃除をする。

明日の大晦日となるので、今年最後の大掃除。
もう来月には引越しなので、いらないものをどんどん捨てていく。古本やら古雑誌などを束にしてまとめていく。で、片付けているとずっと前の雑誌とかあって、まだWindows98のころのパソコン雑誌とか見て懐かしいなあと思ったり、何巻かある本のうち見失ったと思ってた巻が思わぬところから出てくるわけだ。そんなことをしていては作業が進まないのはわかっているけど、やっぱりついつい読んでしまうんだな。そうこうしているうちに古本と雑誌袋で大きな山が出来上がってしまった。ここに引っ越してから、もうこれだけの量を読んでいるんだよなあと実感する。
今回の引越しでは、不要なものはすべて捨てて身軽になって移動するつもり。なんかリセットスタートするみたいで気分はすごくいい。
posted by みっち at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月29日

引越しの予定を手帳で計画する。

嫁さんと今度の引越しの予定を手帳を使って計画していく。
引越しの予定なので、まずゴールとなる荷物の発送日と決めて、そこから引越しの見積もりをする日、見積もりの依頼をする日と遡って決めていく。決まった予定を1月の1ヶ月ブロックタイプのスケジュールに落としていく。その他にも役所などで住所変更の手続きをする日やゴミの日などをどんどん記入していく。だいぶかたまってきたところでバーチカルタイプのスケジュールに転記する。まだ、日付は決まっても時間まで決まらないので、バーチカルタイプのスケジュール上はだいぶ余裕があるように見える。しかし、実際には片付けの時間が思わぬくらいかかりそうなので、油断はできない。正味1ヶ月しかないのだから。
他にもToDoリストに電気やガスの営業所の連絡先やお客様番号など記入し、引越しにかかわる手続きを一覧できるようにもしてみた。業者の連絡先もアドレス帳でなく、スケジュール欄やToDoリストに書いておいたほうが、利用する時にすぐ参照できていいと思う。
こういったスケジュールやToDoリストを使っていくことを今まではあまりしてなかった。最近、興味を持ち始めた手帳術を実践できるいい機会なので、せっかくだからいろいろ試していきたい。
posted by みっち at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月28日

嫁さんが退職した。

今日付けで嫁さんの方も勤めていた会社を退職した。これで2人とも無職。
まあ、かなり長く勤めていたので無職といってもそんなに悲観はしていない。むしろしばらくの自由を満喫できるのがうれしいというもの。嫁さんの方もブログでアフィリエイトをやってたりしているが、今までは会社から帰ってきて寝るまでの少しの間しか更新作業ができなかったのが、いつでも更新ができるようになったと喜んでいる。
まだ九州に行って何をするのかはっきりしていないが、やっぱり自分のことを自分で決めれる自由な生活というのはいいものだ。何とかこういったアフィリエイト、あるいはネットで起業できたらいいのだが。ようやく2人とも本腰を入れて作業ができるようになったので、これからもがんばっていきたい。
ともあれ、長らくのお勤めお疲れ様でした。
posted by みっち at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月27日

退去通告書を提出する。

先日の退去通告書を管理人に提出する。
引越しの正確な日付はまだ未定なのだが、引渡日を来年の1月31日ということにする。ともあれこれで来年1月末には退去しなくてはならなくなった。今まではいつでもいいという予定が、ようやく確定になってきたわけだ。やはりこうやって期限をしっかり決めたほうが動きやすい。
と、退去通告書を出したところで、台所の蛍光灯が弱ってきた。もうすぐ出て行くのに蛍光灯を変えないとなのかあ。この期に及んで交換するというのも、少しもったいないような気もするが、ヨドバシに行って替えの蛍光灯を買ってくることにする。うーん、やっぱりもったいない。
posted by みっち at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月26日

設計図がきた。

さっそく昨日の設計図が送られてきた。
図面を見てみると縦横の長さがほとんど同じで真四角の構造。壁の2面が本棚になっている。中央のスペースが広く開いているので、いろいろと使えそう。
作業場ということなので、あらかじめ作り付けのワーキングデスクが設計図にあったがそこだけははずしてもらうことにした。当初の予定どおり、ロフトベッドにしてその下を1畳分の机にして使うのだ。広い机は何よりもうれしい。その他にコンセントや窓の位置、下駄箱の大きさなどを相談して決めていく。床の材質についてもどうするか話したが、コンクリートの上に断熱材を載せてその上にフロアマットを敷くのが一番安いらしい。木組みでという話もあったが本の重さを考えたらコンクリートの方がいいと思う。よほど寒ければその上にカーペットなり敷けばいいわけだし。
それにしても部屋の2面が全部本棚になってるのがいい。
posted by みっち at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月25日

作業場の設計計画が変更になる。

長崎の義母より先日の作業場のことで電話がある。
作業場を建てる話を近所の工務店に話したら、プレハブでなくってちゃんとした家を建てようかという話になったとのこと。やっぱり価格面が心配だったが、当初の間取りより少し広くなった上にそれほど金額的には変わらないらしい。作業場なんていつも作っている家からすれば小屋みたいなものだから端材と片手間で建てられるのだそうだ。なんか話がうまくいきすぎているみたいだけど大丈夫かな。
で、簡単な設計図ができたというので郵送してもらうことにする。詳しくはその図面を見てからだな。ともあれ、広くなった分作業スペースが取れるのはうれしい。
posted by みっち at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月24日

引越しの件を管理人に伝える。

今日、マンションの家賃を払うついでに来年の1月末に引越しをする旨を管理人に伝えた。
そういえばどういった手続きになるのだろうかと聞いてみたら、1ヶ月前までに退去通告書をだしておけばいいとのこと。で、退去通告書ってフォーマットがあるのかと聞くと入居時にもらった賃貸契約書の一番最後のページにあるそうだ。うーん、賃貸契約書なんて入居時以来ほとんど見ていないぞ。早めに探しておこう。
1ヶ月前の通知となるので、年内に出せば1月末までの入居、年が変わって1月に出せば逆に2月の家賃が発生する。1ヶ月分の家賃は結構な金額になるので、これは年内提出で1月移動は必至だな。
これからのラスト1ヶ月は何かと忙しいだろうけど、抜けのないようがんばっていかないとね。
posted by みっち at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月23日

寝起きがよくない。

なんか「ようやく寝るぞ」と思ったところで目が覚めてしまう夢を見る。寝起きにそんな夢を見ちゃ寝た気がしないぞ。
今日は天皇誕生日なので祝日だったのだが、週の半ばで祝日があるとどうも曜日の間隔が狂う。他にもあちこち時間感覚がおかしくなってきているので調整が必要と感じる。何かうまい手はないかなあ。気づけば今年もあと1週間ちょっと。1日1日を大事にしなくちゃ。
posted by みっち at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月22日

久しぶりに健康ランドに行く。

久しぶりに近くの健康ランドに行く。ここにくるのは3ヶ月ぶりくらいか。
ついこないだ改装していたので新しく壺風呂とかができている。壺風呂は一人が入れる位の大きさの壺のお風呂でとても入り心地がいい。一応「源泉かけ流し」の表記があるのだがお湯もなかなかいい感じ。結構気に入ったのか何回か入ってみる。それとこの時期はサウナの後に体を冷ますのに水風呂でなくって屋外にいったん出て冷ますのが気持ちいい。屋外の露天風呂のコーナーでも外気温が低いのでかなり長湯しても大丈夫。適当に湯疲れしたら昼寝したり、休憩室でコミックを読んだりして過ごす。
夕方、仕事帰りの嫁さんと合流。夕食を食べたあとにもう一度入る。結局途中休み休みしながら一日中いたことになる。
けっこう疲労がたまっていたのがだいぶ取れたような気がする。なかなか温泉にはいけないけど、健康ランドなら時々行ってみるのもいいな。
posted by みっち at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月21日

今週もハローワークのパソコン検索に行く。

今週もハローワークに行ってパソコン検索をする。
もっともこちらで就職する予定があるわけでないので、ただパソコン検索してくるだけなのだが、パソコン検索とするといろいろな会社の生の求人情報を見ることができるので、結構面白いかもしれない。会社名などが本当の企業名で表示されるので、ぜんぜん別のお店が実は同じ企業グループだったというのを知ったり、事業内容を見るとよく知っている会社でも今まで知らなかった別事業をやっているのがわかったりする。会社の概要や事業内容の書いてあることの行間を読んで裏読みするのもいいかもしれない。ハローワークではないけど、近所で工事中の新店が何をやる店なのかを求人雑誌のオープニングスタッフ募集の記事でわかったこともあるなあ。
今、この記事を書いていて思ったのだが、他社の事業内容とかにビジネスアイデアが転がっていそう。次に行く時にはちょっとそういった視点で見てこよう。
posted by みっち at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月20日

N901iCとD901iを見に行く。

久しぶりに梅田のモバイルアトランティスに行ってみる。新しくN901iCD901iのホットモックが展示されていた。
N900iCはビターチョコとパウダースノーの展示。ビターチョコの革っぽい部分が雑誌などで写真が載り始めていたときから非常に気になっていたのだが、ようやくさわることができた。もちろん本物の革ではないが、革風の加工がしてあって今までの携帯にない感じがとてもいい。ちなみに外装は抗菌コートもされているそうだ。中身については今までのFOMAのN端末と同じなのだが、ちょっと操作したところではニューロポインタは前より操作しやすくなった気がする。当初ニューロポインタが出始めの時には、なかなか思ったように操作できなかったが今はだいぶましになってきた。あと液晶画面はQVGAより少し広い解像度になっているはずなのだが、印象としてはそんなに変わらないようにも見えた。とはいえ、ビターチョコは外装だけでも買いの端末だと思う。
D900iはシャイニーブラウンのみの展示。スライドのすべりが前機種のD253iに比べてはるかに軽くなっている。W22Hよりも軽いようにも思える。とはいえ勝手にスライドしてしまうという不安感があるわけでないので、スライド感に対してだいぶ研究してきているのではないのかな。以前にも書いたがスライド端末は2台目からと思っているので、前機種の不満点がどこまで解消されているかを見て行きたい。
家に帰ってアトランティスのサイトを確認するとN900iGの展示も始まっているらしい。あらら、気づかなかったぞ。こちらもまた見に行かないとだな。
posted by みっち at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月19日

書斎術にも興味を持ち始める。

先日ブックオフで買ってきた情報術の本を少しずつ読み始めている。
とりあえず、買ってきた本すべてをさらっと斜め読みしてみる。もともと手帳術の関連書籍として買ってきたのだが、ちょうど作業場を作ろうかとしている時期なので、書斎術というのも面白いのではないかなと思っている。いくつかの本で書斎の作り方についても言及してあって読んでいると楽しい。やはり書斎にこもって知的生産というのもいいなあ。いろいろ使える技や道具などの書斎術も調べていくつもり。
今日も嫁さんと、本棚はなるべく大きく取れたらいいなとか、ロフトベットにして下を広い一枚机にしてみたりするのも便利かもしれないなとか、東急ハンズでもらってきた家具のパンフレットを見ながら相談している。まあ、実際どこまで実現できるのかはわからないが、せっかくだから作業場を理想のものにしていきたい。
posted by みっち at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2004年12月18日

作業場の見積もりが出る。

また九州より義母が大阪に来ているので一緒に食事をする。
九州に行ったら母屋とは別に離れに作業場を作ってそこで仕事をする計画があるのだが、そちらの見積もりが出ているというので概算を聞いてみる。まず土地の大きさからすると建てられる間取りは13畳ぐらいまでいけそう。いわゆるプレハブで建てるのだが、建物(ハコ)と地盤整備でだいたい200万くらいだそうだ。このほかに電気工事とかが入るので実際にはもう少しかかることになる。それでも思ったよりは安くいけそうなので、あまった予算は中の家具とかの調達資金に充てることになる。
そのほか電気や電話の配線はどうするのかや実際の引越しの日取りとかを話してくる。だんだんと概要が決まってきているもののまだ大阪にいるのでどうも引っ越すという実感がわかない。実際、何かと忙しくなるのは年が変わってきてからかな。
posted by みっち at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月17日

心斎橋の東急ハンズに行ってみる。

久しぶりに心斎橋の東急ハンズに行ってみる。たいていの文具の情報収集は梅田のロフトを使っているのだが、やはり視野を広げないといけないので時々はミナミのほうに出かけている。
それにしても東急ハンズの文具コーナーは見ているだけで楽しい。特に年末のこの時期は海外ものの手帳なども販売されていて興味深く手に取ってみる。平成の今でも舶来の手帳ってのは知的好奇心を刺激されるね。それと今回は引越しも近いこともあって家具やら寝具やらを見てくる。こちらは大体の大きさだけ見てきて、あとはパンフレットを持ち帰り検討してみることにする。そのあと心斎橋のロフトも見てみるが、こちらは梅田のロフトの方が大きいので上の階から流すだけにする。
夕方、仕事帰りの嫁さんと合流し、なんばのブックオフで90年代の知的生産や情報整理術関連の本を買いまくる。情報整理術はいつの時代でも応用が利くと思うので、90年代あるいはそれ以前の本もどんどん読んでいくつもり。ただしパソコン関連の記事だけは奥付を確かめながら読む必要はあるが。こちらはいずれレビューしてみることにする。
夕食を食べながら、嫁さんとお互いの買った本を見比べて今後の話をする。その時に話したことなのだが、最近どうもデジタルな情報機器よりアナログな情報ツールの方が面白いのではないかと思っているようだ。今日は実は日本橋のでんでんタウンも見に行っていたのだが、かろうじて携帯電話は面白いと思うが、すっかりパソコンやPDAに対する興味がなくなっているみたい。以前あった熱気がどうもない。その反面、文具コーナーはぜんぜん飽きないのだから、やはり手帳や文房具のようなアナログツールのほうが性に合っているのだろう。
なんか今日一日の行動でようやく自分のやりたかったことがわかったような気がする。
posted by みっち at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月16日

新潟行きをいろいろ検討する。

先日の新潟行きの件だが、なんとかうまく行く方法はないものかとJTBや日本旅行に行ってパンフレットをもらってくる。
今までは何も考えずに飛行機で飛ぶだけだったのだが、宿泊込みのフリープランにすると往復の航空運賃より安く済むケースもあるみたいだ。1月の成人の日の連休さえ外せば、宿泊するホテルにもよるが25000円〜30000円くらいで行けそう。ちなみにこの期間にANAの早割21とか使っても37000円かかるわけだから、こういったツアーにしたほうがはるかにお得になるわけだ。ネットでも調べてみようとサイドに貼ってみたAIRS SYSTEMとか見てみると、こちらも1月10日以降の平日は24400円となっている。これは探せばまだまだありそうだな。もう少し調べてみることにしよう。
しかし、飛行機の運賃というのはわかりづらいね。高いかと思ったらいくらでも安くなる。
posted by みっち at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月15日

システム手帳新入門を読む。

先日、アマゾンに発注していた「システム手帳新入門」が届いたので読む。
新入門というだけあって、他の手帳術の本ではあまり触れることのないバインダーやリフィルの選び方などから書かれている。バインダーのサイズにバイブルサイズ、ナローサイズ、ミニ6穴サイズがあると書いてある本はあっても、リング径の選び方まで書いてある本はあまりないだろう。本書はリング径ごとのリフィル収容枚数の目安まで載っている。
また、本書によれば、日本のシステム手帳の歴史は、銀座伊東屋が1984年にファイロファックスを販売したところから始まる。しかし第1次ブームのあと、90年代の電子手帳やPDAなどの進化によって、いったんシステム手帳のブームは沈静化する。著者はこれを「システム手帳の失われた10年」と呼んでいる。ところが2004年になって「一冊の手帳で夢は必ずかなう」の出版などからシステム手帳の復権が始まる。こういったシステム手帳の歴史についても書かれている。
新書ということもあり内容はそれほど目新しいものはないが、こういった新しいシステム手帳世代にとって入門書として、また第1次ブームの時にシステム手帳を購入したものの今は別の手帳を使っている人の再入門の書として適切だと思う。

システム手帳新入門!
舘神 龍彦


Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
posted by みっち at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(4) | 日記

2004年12月14日

ハローワークのパソコン検索に行く。

12月も半ばとなって、そろそろ次の雇用保険の失業資格認定日が近づいてきたので、就職活動実績を作りに久しぶりにハローワークのパソコン検索に行く。以前、求職していたときは紙のファイルだったが、今はすべてパソコンで検索するようになっている。
まず受付で番号が書いてあるカードをもらい、その番号のパソコンに行く。検索用のパソコンは1フロアに80台近くある。パソコンは全部ペンタッチで操作するようになっているので、キーボードもマウスも付いていない。それぞれにプリンタが付いていて、1回の検索で5枚まで印刷することができるようになっている。地域と職種と賃金の3つの検索キーがあるので、それぞれの希望条件をペンで選択する。そうすると検索対象となった求人情報がでてくるのだが、紙の求人票が紙をそのままスキャナで読み取ったものが表示されている。しかも1ページに1枚ずつでてくるので、100社以上ヒットした時には1社ずつ見ていかないといけない。もう少し一覧性がほしいところ。いずれ長崎に行くことになるので、関西では就職する予定はないのだが、適当に興味ある会社を何社かプリントアウトしてみる。そうやって30分ほど(特に時間制限があるわけではない)操作したところで席を離れることにする。帰りに雇用保険需給資格者証の裏に職業相談のスタンプをもらう。これで就職活動実績1回目となる。これを次の失業資格認定日までにあと2回行けばよいことになる。
ちなみに今日は火曜日だったんだが、認定日が月・水・金に設定されていることもあって、火曜日と木曜日は比較的空いている。行くならこの曜日の方が待たされなくっていいかも。
posted by みっち at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2004年12月13日

なかなかうまくいかない。

昨日、引越しの時期を1月27日に予定すると書いた。
ところが今日、新潟の実家と電話をしていたら、「3泊くらいこちらに遊びに来ないか」という話が出てきた。長崎に行ったら遠くておいそれと行くことができないから、その前に顔見せに来てほしいとのこと。自分の実家に行くのはどうも億劫になるんだよなあ。それよりも、ラスト1ヶ月半しかない状態で3泊4日の時間を使ってしまうのがもったいない。
不動の決意でスケジュールを入れても、すぐに脇から予定が崩されてしまう。なかなかうまくいかないのがつらくて悲しいところ。
posted by みっち at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。